急な訃報連絡がありました。
2010年03月09日 (火) | 編集 |

みなさま おはようございます。


スミマセン;今日は ディズニーやミニチュアに
関してのことではありませんので
ご了承くださいませ。。

 

しかも明るい話ではありませんので
読みたいと思って頂ける方だけ
ご覧ください。

 

このブログは知人・友人も見ているので
お知らせもかねて ここに書かせて頂きたいと
思います。

 

 

先程 かねてから入院していた祖母が
亡くなったとの 訃報が入りました。

 


なにせ千葉、北海道間の行き来になるため
飛行機の調整がつかず 
明日からしばらく 函館に帰省することに
なりました。

 

正直 覚悟はしていたのですが
昨日までなんの前兆もなく
今日の早朝に容態は急変した様子です。

 


覚悟をしていた。。。と思っていても
まったく準備に手が付きません。。

 


ただもう あの日の医療事故が
なかったら・・・という気持ちしか
ありません。。

 


ひとつだけ救いなのは

一番心配された 大動脈瘤の破裂による
大出血・・・というような想像を絶するような
苦しみの中ではなく

最後は意識も戻らないまま 
眠ったように逝ったそうです。

 

 

一番 祖母に頼りにされた母も
一番 祖母に寵愛を受けた私も

結局 最後のその瞬間に立ち会うことが
できませんでした。

 


親の側で 暮らしていないということは
こういうことなんだなあ・・って
改めて 思いました。

 


ただ、祖母は 近隣の親戚・知人が集まって
みんなに見送られての最後だったそうです。

 

正直 あんまり気持ちに整理がつきませんが
明日の朝一 6時台の飛行機に乗らなくては
なりませんので キチンと準備したいと思います。。

 


もう高齢だから 仕方がないとも思います。

人はいつかは 死ぬんだと思います。

 


でも、たったひとつの祖母の夢だった

「私の花嫁姿を見たい」と いう


もうすぐそこまで来ていた夢を
叶えてあげることができなかったこと

 

誰もが まったく予想できなかった事態に
なってしまったこと

 

祖父母が まるで神のように思っていた

20年前に 祖母の命を救ってくれたお医者様


そのお医者様のミスによって
こんな状況を引き起こしてしまったこと

 


人の運命は やっぱり 人によって
廻りだすのだなあ・・・・と思わずにはいられません。

 

 

 

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック